海外の建物のような輸入住宅は冬は暖かく夏は涼しく過ごしやすい

サイトマップ

Imported houses

そのデザイン性は輸入住宅ならではです

輸入住宅という響きから、何となくカッコいいなと印象を持たれる方も多いのではないでしょうか。輸入住宅という定義は実はあいまいでもあるのですが、主にはデザインが欧米風なものでしかも似せたものではなく本物であるということ。またそのデザインを実現するために資材をふんだんに輸入のものを使用したり、構造もそれにあわせた仕様にしているといったところかと思います。
さて、その輸入住宅の魅力ですが、なんといっても一番はデザイン性です。歴史ある美しいヨーロッパのデザインに裏打ちされた洗練された装飾、バランス、窓枠ひとつとってみてもやはり国内のメーカーのものとは少し違う。その少しの違いがたくさん集約されており出来上がりのトータルバランスもすぐれています。
デザインのみではなく建築構造も信頼をおけます。代表的なものは4x4工法ですが、面で支えて耐久力をつけています。地震の多い日本においても、近年は4x4を採用する住宅も多くなりました。
逆にデメリットといえるところは、大きくは2つ。一つ目はやはりコスト面。2つめはそのメンテナンス性です。何かが壊れたときに、汎用性のある日本国内のものでまかなえられればよいのですが、商品などが無い場合には、建築した住宅メーカーさん頼みになることもしばしばではないでしょうか。
住宅を建てる時には以上のことを留意して、自分たちにとって何が優先されるのかを熟慮して建てられることをおすすめします。

最近気になる輸入住宅

私が輸入住宅に興味を持つきっかけになったのは、美容院の待ち時間に輸入住宅の特集が組まれてある雑誌を手にしたことです。それまでは輸入住宅という言葉も聞いたことがありませんでしたが、そこにあった日本ではあまり見かけない洋風の素敵な造りの住宅写真の数々に一瞬で目を奪われました。
元々学生時代から外国への憧れが強く、映画や海外ドラマも大好きだったので、それ以降自分もこんな家で暮らせたらなぁという気持ちが強くなりました。そもそも輸入住宅ってどのような定義があるのだろうと思いインターネットで調べてみたのですが、外国の家造りの概念を基盤に置き、資材等も海外から輸入して造られる家をさすことが多いようです。円高の場合には日本で家を建てるよりも安くなる場合もあり、価格面でも魅力的です。ですが私は、何よりも日本に居ながら海外にあるような住宅で暮らせることが素敵だなと思いました。
我が家は現在マンション暮らしで、いつかは一軒家に住みたいと前々から主人とも話しているので、さっそく主人にも輸入住宅の話をしました。写真を見せる方が早いと思ったので、外観、内装それぞれの写真を主人に見せたのですが、主人にも「とても機能的で内装のスペースの使い方も日本の一般的な住宅と違って広々と友好的に使えそうで良いね。」と言ってもらえ、夢に一歩近づけた気持ちです。

海外の建物のような外観の輸入住宅

人気の誇る輸入住宅には色々なメリットがあり、海外の建物のような外観にも惹かれてしまいますよね。
まず、輸入住宅とは実ははっきりとした定義はなく、輸入住宅産業協議会では「海外の設計思想による住宅を、資材別またはパッケージで輸入し、国内に建築する住宅」
を輸入住宅と呼んでいます。海外の思想が取り入れられている輸入住宅のメリットは多くあるのですが、まずは基本性能の高さです。気密性が高いので、住宅の中では冬は暖かく夏は涼しくと、過ごしやすい環境になります。そして耐久性や耐震性にも優れており、地震などにも強く、何世代にも渡って住み続ける事ができます。
次にオープンな間取りも人気の1つです。ひとつひとつの部屋が広々としていて、オープンな間取りが輸入住宅では可能になり、開放感溢れる雰囲気を味わう事ができます。そして、なんといってもデザイン性には男女問わずの人気があります。
輸入住宅には北米系とヨーロッパ系がありますが、どちらも惹かれる外観スタイルとなっています。素材の質感もよく、モールディングや建具などのデザインにも魅力を感じる事が出来ます。輸入住宅はたくさんのハウスメーカーで取り扱っているので、モデルハウスなどに行くと、よりどういった住宅なのかがお分かり頂けると思います。

日本ではあまり見られないような斬新なデザインは輸入住宅ならではです。個性的などこにもないおしゃれな家に住みたいなら輸入住宅を選ぶといいでしょう。きっと周囲の方にも羨ましがられると思いますよ。

輸入住宅のデザイン性について

近年、雑誌やメディア、インターネットなどで話題を呼んでいる輸入住宅は、多くの方に親しまれている家として、確実な地位を築きあげてきました。輸入住宅の代表的な特徴の中に、日本家屋では見る事が出来ない豊かなデザイン性があります。そのデザインに惹かれて購入を決意した人も少なくは無いのではないでしょうか?この記事では、輸入住宅のデザイン性について分かりやすくお伝えしていきたいと思います。
【輸入住宅のデザイン性!】
輸入住宅を語るにはこのデザイン性という会話が離せませんよね?輸入住宅のデザインは、北欧や北米といった自然豊かな土地から地中海デザインと呼ばれる白を基調としたシンプルで清潔感のあるデザインんと幅広く日本へ輸入されてきております。輸入住宅の購入者が多い中、そのデザインも豊富になってきており、様々な輸入住宅の外観を選ぶことができます。中でも最近特に人気なのは、地中海デザインと北米デザインです。
北米デザインは、ログハウスのような木をそのまま使用する事で、自然の良さをしっかりと出したデザインとなっておりますので、アクティブな生活を送られている方に人気となっております。地中海デザインは、北米とちがいシンプルで落ち着いたデザインとなっておりますので、年配の方などに好まれる傾向があります。輸入住宅のデザインはたくさんありますので、ご自身の好みがきっと見つかるはずです!

RECOMMENDED POST

広い部屋

デメリットもあるが輸入住宅にするメリット

輸入住宅のメリットとしては、やはり「理想の家に住める」といったことでしょう。輸入住宅の場合です…

ロイヤルな部屋

どんな人にお勧め?輸入住宅の魅力

輸入住宅の一番の魅力はお洒落なデザイン性にあるといっても過言ではないでしょう。日本の住宅とは一…

アンティークな部屋

輸入住宅の概要をご説明します

輸入住宅とはどのような住宅なのでしょうか?法的に明確な定義づけがされているわけではありませんが…

気品ある部屋

温かみのある北欧住宅に住んで

中学生のころ家族で旅行に行ったスウェーデンやノルウェーなどの北欧各国。その町並みに憧れて、特に…

TOPへ