海外の建物のような輸入住宅は冬は暖かく夏は涼しく過ごしやすい

サイトマップ

Imported houses

輸入住宅の概要をご説明します

アンティークな部屋

輸入住宅とはどのような住宅なのでしょうか?法的に明確な定義づけがされているわけではありませんが、輸入住宅産業協議会では「海外の設計思想による住宅を、資材別またはパッケージで輸入し、国内に建築する住宅」と定めています。もうちょっとわかりやすく言い換えますと、「輸入住宅とは、海外の気候、生活様式に合わせて設計された住宅のことで、その60%以上に輸入建材が用いられています。また国内での建築においても海外の手法をそのまま採用し、海外住宅らしさを損なわないものにされています。」といった感じになるのではないでしょうか。
そして、輸入住宅にはどのような種類があるのでしょうか?おおまかにヨーロッパスタイルと北米スタイル(アメリカ・カナダ)に分かれます。ヨーロッパスタイルはさらに南欧スタイル(スペイン・南フランス)と北欧スタイル(スウェーデン・フィンランド)に分かれます。いずれもその地域の気候風土に合わせた高い機能性と、日本にはないデザイン性が魅力です。
そのままでは日本の風土に合わない部分もありますので、通気層を造ったり、和室を設けたりして、日本においても快適な住まいであるよう各メーカーや建築業者が工夫を凝らしています。

RECOMMENDED POST

広い部屋

デメリットもあるが輸入住宅にするメリット

輸入住宅のメリットとしては、やはり「理想の家に住める」といったことでしょう。輸入住宅の場合です…

ロイヤルな部屋

どんな人にお勧め?輸入住宅の魅力

輸入住宅の一番の魅力はお洒落なデザイン性にあるといっても過言ではないでしょう。日本の住宅とは一…

アンティークな部屋

輸入住宅の概要をご説明します

輸入住宅とはどのような住宅なのでしょうか?法的に明確な定義づけがされているわけではありませんが…

気品ある部屋

温かみのある北欧住宅に住んで

中学生のころ家族で旅行に行ったスウェーデンやノルウェーなどの北欧各国。その町並みに憧れて、特に…

TOPへ